トップメッセージ

http://www.dhtd.co.jp/ja/ir/management/message.html トップメッセージ

トップメッセージ

代表取締役社長 木下 茂樹

Challenge with Passion
何事にも情熱をもって果敢にチャレンジ

株主、投資家の皆様には平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当連結会計年度における我が国経済は、政府による経済政策を背景に企業業績や雇用環境の改善が見られる等、緩やかな回復基調が続きましたが、海外の不安定な政治動向や東アジアの地政学的リスクの影響が懸念される等、依然として景気の先行きは不透明な状況で推移いたしました。

このような企業環境下ではありましたが、中期経営計画(2015年4月1日~2020年3月31日)である、3つの重点目標に沿って、積極的な事業展開を進めてまいりました。

[中期経営計画の3つの重点目標]

      1.既存事業の確立と拡大
      2.周辺事業拡大による成長
      3.100周年を見据えた企業発展への取組み

「1.既存事業の確立と拡大」につきましては、条件に応じ液体及び都市ガスの2種類の燃料を切替えて運転することが可能なデュアルフューエルエンジン初号機を本年2月に市場投入いたしました。今後も社会のニーズに応えるため、これまで培ってまいりました技術を活かし、高効率かつ、環境負荷の低い環境対応型機関の開発を積極的に進めてまいります。また、機関の大型化・多様化に対応した姫路新工場につきましても、地球環境への配慮とともに豊かな未来をリードする次世代型工場として、本年10月の本格稼働に向け着々と準備を進めております。

「2.周辺事業拡大による成長」につきましては、クラウドベースによる次世代型の機関状態監視システム「CMAXS LC‐A」を利用したメンテナンス支援サービスを昨年7月に初受注いたしました。また、2016年1月より施行したNOx規制に対応したSCR※(選択触媒還元法脱硝装置)の受注は好調に推移しており、昨年10月に初号機を市場投入いたしました。当社は、地球環境に優しく、お客様の利便性や安全性を高め、かつトータルライフサイクルコストの低減へ繋がる最適なソリューションをご提供し、今後も環境対応技術に優れたエンジンメーカーとして業界内でのプレゼンスを向上してまいります。

「3.100周年を見据えた企業発展への取組み」につきましては、①株主価値向上による成長基盤の確立、および②事業ポートフォリオの再構築を進めております。その一環として、コーポレートガバナンスの強化とステークホルダーとの対話の充実を図っております。今後も一層の企業価値向上を図りながら、持続的な成長を目指した経営を行ってまいります。

当社の主要な販売先である造船・海運業界は厳しい環境が続きますが、『Challenge with Passion』のスローガンのもと、全社員一人一人が情熱をもって果敢にチャレンジを続け、次の100周年に向けた会社の成長に繋げてまいります。また、ステークホルダーの皆様から信頼される企業を目指し、当社のみならずグループ会社社員全員に対しても、コンプライアンスの重要性を認識して日常の業務や活動にあたるよう、企業倫理ならびに法令遵守意識の徹底を図っております。

今後とも、株主、投資家の皆様には一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

※SCR:触媒により排気ガス中のNOxを無害化する装置

代表取締役社長  木下 茂樹

PAGE TOP

Menu