ダイハツディーゼルグループ環境方針

ダイハツディーゼルグループ環境方針

環境基本理念

ダイハツディーゼルグループは、地球環境問題を経営上の最重要課題の一つとして認識し、循環型社会、低炭素社会、自然共生社会の構築を目指し、全従業員が事業活動と環境保全の両立に向け最善を尽くすことで、持続可能で豊かな社会の実現に貢献していきます。

環境行動指針

1.環境に配慮した活動

商品の開発段階から、調達、生産、販売、サービス、保守、廃棄に至るまで、全ての事業プロセスにおいて環境保全活動の継続的な改善および汚染の予防に努めます。

2.環境関連法規制等の遵守

企業の社会的責任を果たすため、環境に関する法令、条例、協定及び当社が同意するその他の要求事項を遵守し、ISO14001の規格に適合した環境マネジメントシステムを構築し、環境行動計画・目標を具体的に掲げ、環境パフォーマンス向上に努めます。

3.資源・エネルギーの効率的利用の促進

省資源、省エネルギー、廃棄物の削減及びリサイクル、地球温暖化物質の抑制などにより環境保全に努めます。

4.環境意識の向上

環境教育及び啓発活動を実施し、全従業員に対し環境基本方針を周知させるとともに、環境保全に関する意識向上を図ります。

5.ステークホルダーとの協働

定期的な環境情報の公開に努めるとともに、地域社会の環境保全活動に参画し、全てのステークホルダーとのコミュニケーションを図ります。

制定:1999年4月26日
改定:2019年5月13日

PAGE TOP

Menu