企業理念・経営方針

企業理念・経営方針

社長メッセージ

代表取締役社長 木下 茂樹

Challenge with Passion
何事にも情熱をもって果敢にチャレンジ

株主、投資家の皆様には平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当連結会計年度における我が国経済は、政府による経済政策を背景に企業業績や雇用環境の改善が続く中で設備投資の増加や個人消費にも持ち直しの動きが見られる等、緩やかな回復基調が続きました。一方で、米中の貿易摩擦への懸念や中国経済の減速等もあり、依然として景気の先行きは不透明な状況で推移いたしました。

このような企業環境下ではありましたが、中期経営計画(2015年4月1日~2020年3月31日)の3つの重点目標に沿って、成長市場の開拓や販売拡大に取り組んでまいりました。

[中期経営計画の3つの重点目標]

      1.既存事業の確立と拡大
      2.周辺事業拡大による成長
      3.100周年を見据えた企業発展への取組み

「1.既存事業の確立と拡大」につきましては、2017年11月より兵庫県姫路市に約50年ぶりとなる新工場の建設を進め、2018年8月に操業を開始、10月に初号機を出荷いたしました。今後は最先端の生産技術力と設備を併せ持つ姫路工場と、卓越したノウハウを有する守山工場との2拠点体制にて、より一層お客様のご要望にお応えできるよう努めてまいります。また、企業間競争の激化により受注環境は極めて厳しい状況にありますが、世界各地に広がる販売網およびアフターサービス体制とグループ企業が一体となり、持続的な成長と収益力の強化を実現してまいります。

「2.周辺事業拡大による成長」につきましては、クラウドベースによる次世代型の機関状態監視システム「CMAXS LC-A」を利用したメンテナンス支援サービスの受注は順調に推移しております。また、2016年1月より施行されたNOx3次規制に対応したSCR※(選択触媒還元法脱硝装置)の受注につきましては、新規受注の獲得に注力してまいりました結果、海外舶用向けを中心に160台を超える受注を獲得しております。さらに、本年2月にはSCRの還元剤となる尿素水を船内で簡単に生成できる「尿素水生成装置」の初号機も出荷いたしました。当社は、地球環境に優しく、お客様の利便性や安全性を高め、トータルライフサイクルコストの低減へ繋がる最適なソリューションをご提供し、今後も環境対応技術に優れたエンジンメーカーとして業界内のリーディングカンパニーを目指してまいります。

「3.100周年を見据えた企業発展への取組み」につきましては、2018年6月より執行役員制度を導入し、経営意思決定の充実および業務執行の迅速化を図っております。また、コーポレートガバナンスの強化とステークホルダーとの対話の充実も図っております。今後も一層の企業価値向上を図りながら、持続的な成長を目指した経営を行ってまいります。

当社は、『Challenge with Passion』のスローガンのもと、全社員一人一人が情熱をもって果敢にチャレンジを続け、持続的な企業価値の向上を図ってまいります。また、ステークホルダーの皆様から信頼される企業を目指し、当社のみならずグループ会社社員全員に対してもコンプライアンスの重要性を認識し日常の業務や活動にあたるよう、企業倫理ならびに法令遵守意識の徹底を図っております。

今後とも、株主、投資家の皆様には一層のご理解とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

※SCR:触媒により排気ガス中のNOxを無害化する装置

代表取締役社長 木下 茂樹

企業理念・経営方針

企業理念

私たちは、たくましい創造性
すぐれた技術を磨き上げ、
社会を豊かにする価値を提供し、
人々との共生を願い、限りなく前進します。

経営方針

1.

市場のニーズを先取りして
真の「顧客満足」を追求し、
新しい商品とサービスを提供します。

2.

地球環境との調和を図り、
国際的な視野を広げ、
新しい事業展開を進めます。

3.

環境変化に迅速に対応し、
適正な利益を確保できる
強く、柔軟性のある企業体質を確立し、
活力に満ちた明るい
企業風土をつくりあげます。

PAGE TOP

Menu