ダイハツディーゼル株式会社
ディーゼルエンジン生産3,000万馬力を達成

当社は、1966年(昭和41年)会社設立以来のエンジン生産が3,000万馬力に到達しました。

達成記念エンジンは守山事業所守山工場(滋賀県守山市)で製作した今治造船株式会社向けディーゼルエンジン「5DC-17型」で、今治造船株式会社が正栄汽船株式会社向けに建造中のバルクキャリア(載貨重量53,000トン)に発電用機関として搭載されます。

当社では、創業以来一貫して自社開発のオリジナルエンジンを製作しており、現在は500~1,000馬力の船舶用発電機関を中心に最大6,000馬力までの中速エンジンを販売しています。近年の海運・造船業の活況を受けて守山工場での生産台数が大きく増加している中、今後も一層の増加が予想される受注に対応していくのはもちろん、出荷エンジンに対するサービス業務の充実を図るなど、更なる顧客満足度向上に取り組んでいきます。

2006年8月18日守山工場・3000万馬力記念式典
2006年8月18日守山工場・3000万馬力記念式典

一覧ページに戻る

PAGE TOP

Menu