生物多様性認証制度の取り組み

生物多様性認証制度の取り組み

ECO VISION 2030 report

私達ダイハツディーゼルはダイハツディーゼルグループ環境方針を基に、地球環境問題を経営上の最重要課題の一つとして認識し、「循環型社会、低炭素社会、自然共生社会」の構築を目指し、全従業員が事業活動と環境保全の両立に向け最善を尽くし、未来へ向けた環境活動を実施しています。そして新たに「ダイハツディーゼルグループ環境ビジョン2030」を策定し、ダイハツ工業株式会社の「ダイハツグループ環境アクションプラン2030」を共有し、事業活動における環境負荷を低減するとともに、「地球温暖化の防止」「循環型社会の形成」「生物多様性の保全」を目指すべき目標として定め、その実現に向けグループ全体で取り組みを進めています。

レポート

Report 1.守山事業所の環境活動

当社守山事業所周辺は水路に囲まれた工場であり、水路には非常に多種多様な生物が生態系を織り成しています。生物調査の結果、実に32種類が生息していることが分かっています。

水路に生息する主な生物
ニホンイシガメ
スッポン
タモロコ
ナマズ
カネヒラ
スジエビ
カマツカ
マシジミ

  • スッポン

  • ニホンイシガメ

  • タモロコ

Report 2.守山市、栗東市協力による不法投棄防止活動

当社守山事業所周辺での不法投棄が多い為、守山市様、栗東市様へ協力要請。守山市は看板を、栗東市は幟(のぼり)を提案頂き、各々の場所に設置しました。
半年で不法投棄は激減し、ゴミも減少傾向にあります。


  • 守山市様ご提供

  • 栗東市様ご提供

Report 3.水路環境改善活動

地域貢献活動の一環として、当社守山事業所周辺の水路環境改善活動に取り組んでいます。各部署の選任者が草刈りやゴミの回収などを定期的に行っており、一回当たりのゴミ回収量は約30kgにもなります。

Report 4.水路の水質改善対策

水路にヨシを整えて水質改善対策をしました。水がヨシを通ることでゴミが除去され、また魚の隠れ家や産卵場所として役立ちます。


  • 整備前

  • 整備後

ダイハツディーゼル株式会社は滋賀県が平成30年度より実施した
「しが生物多様性取組認証制度」において2つ星を獲得いたしました。今後も自然と生き物を見守る活動に取り組んでまいります。

PAGE TOP

Menu