守山事業所 環境方針

守山事業所 環境方針

【環境理念】

私たちは、「ダイハツディーゼルグループ 環境方針」を尊重し、滋賀県という「環境先進県」にあって、地球環境問題を経営上の最重要課題の一つとして、びわ湖と共生した事業活動の重要性を認識し、
循環型社会、低炭素社会、自然共生社会の構築を目指し、全従業員が事業活動と環境保全の両立に向け最善を尽くすことで、持続可能で豊かな社会の実現に貢献していきます。

【行動方針】

  1. 私たちは、環境に関わる法規制、協定類ならびに同意したその他要求事項を順守します。
  2. 私たちは、当事業所における生産活動と製品及びサービスをを対象とした環境パフォーマンスを向上させるために
    環境マネジメントシステムを構築し、継続的な改善に努め、環境保全に取り組みます。
  3. 私たちは、環境事故を防止するために、自然災害に起因する事故も含めた対応策を検討・構築し、計画的に実施します。
  4. 私たちは、環境保全活動の重点推進事項として次の項目を設定し、積極的な取り組みを展開します。


  5. (1)資源循環社会の実現、資源の枯渇を防ぐ為、資源の有効利用に努めます。

    (2)低炭素社会の実現の為、使用エネルギーの削減、エネルギー転換に努めます。

    (3)自然共生社会実現の為、生態系並びに生物多様性の維持保全に努めます。

    (4)環境汚染を防ぐ為、廃棄物や化学物質の削減、管理に努めます。

    (5)製品のライフサイクルを通して、技術革新を最大限に生かし、環境負荷のより低い商品開発に努めます。

    (6)ダイハツグループ、お取引先様、行政や地域と協働で環境取組みの充実を目指し、社会貢献を進めます。

    (7)環境異常、苦情ゼロ、コンプライアンスの遵守に努めます。


  6. 私たちは、この環境方針を達成するため、環境行動計画・目標を定めて環境保全活動を推進するとともに、
    定期的な見直しを行います。
  7. 私たちは、全ての社員がこの環境方針の意義と個人の役割を理解するため、積極的な周知教育活動を展開します。
  8. 私たちは、この環境方針を必要に応じて社内外に公表します。

制定2000年 3月22日
改定2019年 7月8日

最高環境責任者
ダイハツディーゼル株式会社
代表取締役副社長
事業所長
堀田 佳伸

PAGE TOP

Menu